×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 滋賀県・彦根市・楽々園

  滋賀県の観光と歴史的建築物(ホーム)彦根市>楽々園
【 概 要 】−案内板によると「 楽々園は、彦根藩4代藩主井伊直興により延宝5年(1677)に造営が始まり、同7年に完成した彦根藩の下屋敷です。かつては「槻御殿」の名のほか、「黒門外屋敷」、「黒門前屋敷」などとも称され、広大な玄宮園を南東にひかえて隠居した藩主やその一族が日常生活を送っていました。現在は、12代藩主直亮が設けた「楽々の間」に因んで、「楽々園」と呼んでいます。この下屋敷は、度々の増改築を繰り返しており、文化10年(1813)には11代藩主直中の隠居に伴い大規模な増築が行われ全盛期を迎えましたが、その後は縮小傾向に転じ、現在に至っています。」とあります。
スポンサードリンク
※ 当サイトへの相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。又、回答はあくまでも当社の考えであって1つの参考意見です。ご自身の責任でご判断下さい。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当社は一切責任を負いません。又、回答を直接的(当社の名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。 尚、リンクは自由ですが画像(写真)や文章等の利用は遠慮させていただいております。御理解の程よろしくお願いします。