×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 滋賀県・長浜市・石道寺

  滋賀県の観光と歴史的建築物(ホーム)長浜市>石道寺
【 概 要 】−石道寺の創建は神亀3年(726)延法上人が開いたのが始まりと伝えられています。延暦23年(804)に最澄が十一面観世音像(像高173cm、一木造、ケヤキ材、国指定重要文化財)、脇仏持国天像(木造、彩色、寄木造、像高184cm、国指定重要文化財、現在の像は鎌倉時代に彫刻されたと推定されています)、多聞天像(木造、彩色、寄木造、像高184cm、国指定重要文化財、現在の像は鎌倉時代に彫刻されたと推定されています)を自ら彫り込み再興すると比叡山の別院としました。己高山周辺は天台宗の修験道場として繁栄し中でも石道寺は己高山五箇寺(七大寺)の一つとして大きな影響力を持ちました。その後、衰退しましたが室町時代に入り源照上人が再興し真言宗に改宗、38坊を擁するなど寺運も隆盛します。その後も領主浅井家や為政者であった豊臣家や徳川家などの庇護もありましたが、明治時代に入り急速に衰退し明治中期には無住となります。大正3年(1914)に現在地に移し、以来、地区住民により管理され数多くの寺宝を所有しています。
スポンサードリンク
※ 当サイトへの相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。又、回答はあくまでも当社の考えであって1つの参考意見です。ご自身の責任でご判断下さい。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当社は一切責任を負いません。又、回答を直接的(当社の名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。 尚、リンクは自由ですが画像(写真)や文章等の利用は遠慮させていただいております。御理解の程よろしくお願いします。